2011 7 30
流しそうめん


宙をおばあちゃんのおうちに預けて碧とふたりでお出かけ。


行き先は毎年この時季にお世話になっている春日荷茶屋さん。


その荷茶屋さんの中庭では、夏季限定で流しそうめんをしてくださいます。


ここ数年、碧の幼なじみのお友だちと毎年こちらで流しそうめんを楽しませていただいています。いちばんはじめは1歳か2歳くらいでしたが、今年は6歳&5歳の子どもたち。そして毎年恒例となりつつあるイベントなので子どももおとなも慣れてきていて、だいぶ落ち着いて満喫しながら食べることができたように思います。
はじめにお店の方が少しそうめんを流してくださり、あとはこちらで流していくようになります。気の利くママさんたちが交代で流してくれました。いつもありがとうございます。


私がいちばん最初にこちらを紹介していただき、一緒に連れて行ってくれた先輩ママさんに教えてもらったのが、「子どもたちの中にはお椀で食べるのが難しい子もいるから、持ち手つきのマグが便利だよ〜。箸やフォークも慣れているものがあればそれを持っていくといいよ〜。」ということでした。小さい子どもといっしょにする流しそうめんにはこれはお勧めな情報です。


おそうめんのほかにおとなには「柿の葉ずし」「一品料理」「くずもち」、子どもたちには「黒米のおにぎり2つ」「くずもち」がついています。料金はおとな1800円、小学生1200円、園児800円。1組4〜20名でFAXでの予約制です。今年は7月20日〜9月4日。1日2組限定で昼11時〜12時半、昼1時〜2時半の2部制になっています。


おとなのお料理はこんな感じです。あとくずもちがつきます。ドリンクはくずもちと一緒におとなにはあたたかいお茶が出て、あとは冷水をセルフサービスで飲むことができます。


今年は初めて途中で雨が降りました。
降り始めたときにもうすでに食事がほとんど終わっていましたので、残った時間を子どもたちは庭園内の雨宿りが出来る場所で子ども同士で楽しそうに過ごし、母たちは少し離れた軒下でおしゃべりを楽しみながら子どもたちの様子を見ながら、雨が上がるのを待ちました。少し強く降った雨もしばらくするとやみ、雨上がりの帰り道を奈良公園の鹿を見ながらみんなで歩きました。

今年も楽しい夏の思い出ができました。顔馴染の仲間と一緒に過ごす時間は碧だけでなく私にも癒される時間です。いつもありがとうございます。これからもどうぞよろしくね。
inserted by FC2 system